検索ダイアログの便利な使い方

便利な使い方、目的別操作方法、ソフトウエアの国際化にまつわる情報など。

検索ダイアログの便利な使い方

Postby J.O. » Thu Aug 19, 2010 2:39 pm

search.png
search.png (2.18 KiB) Viewed 5154 times
検索ダイアログは開発ツールには必ず付いている機能ですが、wwnaviの検索ダイアログを使って、以下のような検索ができます。

1.検索文字列にメッセージなどを入れて、ソフトウェアが国際化されているか調べる。
ソースコードのないソフトウェアが国際化されているか調べる手段として、画面に出ているメッセージなどを検索文字列に入れてファイル名を「*」のまま検索してみてください。wwnaviはファイルの中身を検索するので、検索結果が実行ファイルでなく、dllやその他外部ファイルの場合は、国際化されている可能性が高くなります。ちなみにWindows XPのgrep検索では、バイナリファイルや一部のファイルから文字列が拾えませんので、explorerなどではこの方法は使えません。

2.解析をスキップした場所を調べる。
検索文字列にコメントヘッダ「$NON-NLS-」をいれて検索すると、自分が解析をスキップするよう指定した場所が検索できます。

3.wwnaviによって自動修正された箇所を調べる。
検索文字列にコメントヘッダ「$NLS-WWNAVI」をいれて検索すると、wwnaviによって自動修正(文字列の外部化、宣言/関数の置換)された箇所を検索できます。
User avatar
J.O.
 
Posts: 154
Joined: Tue Mar 23, 2010 2:02 pm
Location: Tokyo, Japan

Return to TIPS & HOWTO

Who is online

Users browsing this forum: No registered users and 0 guests

cron